脳のエネルギー補給に欠かせない!? ブドウ糖の効果とは

ブドウ糖タブレット

ブドウ糖を知っていますか。小学生の理科の授業で習った記憶がおぼろげにあるかもしれません。また最近ではブドウ糖入りのお菓子も販売されているので、身近に感じることもあるでしょう。ブドウ糖は、糖分の中でも吸収が早いので、一般的には夏場の熱中症対策として取り入れることもある栄養素です。勉強や疲労回復にも役立つといわれているブドウ糖とは、一体どのような効果があるのでしょうか。

ブドウ糖とは何?

日本人は栄養エネルギーとして約50%を炭水化物から摂っています。ブドウ糖はその中の単糖類の一種としてあり、グルコースとも呼ばれ分類されています。単糖類には、ブドウ糖の他に、果糖(フルクトース)やガラストースがあり、これらは二糖類とともに、消化吸収が早い性質を持っているのです。ぶどうや柿などの果物にも多く含まれています。ブドウ糖が体内で使われる時は、腸から吸収され体のエネルギーになっています。とりわけ筋肉や脳を正常に働かせるためには、ブドウ糖が欠かせない栄養素になっているのです。

ブドウ糖は、体内では、肝臓や筋肉の中でグリコーゲンとして蓄えられているので、不足した時にはまたブドウ糖として形を変えて使うことができるのです。しかし体内にブドウ糖が不足すると、低血糖を起こしてしまいます。その時には、かなりの空腹感や、まったくやる気がおこらないなどの症状が出ます。特に脳は、ブドウ糖をエネルギーにしているので、不足していると集中力が低下したり、思考がうまく働かなくなることもあるでしょう。そのためにイライラしたり、落ち着かないなどの精神的な症状も起こるのです。

また脳にエネルギー補給がまったくなくなると、神経細胞は数分で死んでしまいます。死んでしまった細胞は元には戻らないので、まめにエネルギー補給することが必要です。疲れを感じたり、イライラした時は、ブドウ糖が不足した脳のために甘い物を食べるのがいいのかもしれません。

ブドウ糖の効果とは?

人間の体は毎日エネルギーを消費しています。その中でも、脳は全体の2割ほどで他の臓器に比べて多くのエネルギーを消費しているのです。1日何もしなくても、ブドウ糖ではだいたい250g、そのうち脳では120gと約半分が使われています。これは、活動や睡眠中に関係なく1時間には5gのブドウ糖が使われているということです。脳をフルに使って勉強したり、仕事をする際にはさらに多くのブドウ糖を摂る必要があるでしょう。

テスト勉強や受験勉強などで、集中して勉強しなければならないのにやる気がなかなか起こらないことがあります。こんな時は、脳がエネルギー不足になっているのかもしれません。ブドウ糖は、脳の唯一のエネルギー源で、摂取すると記憶力の他に集中力も促進されます。また、水分や塩分の吸収を高めることで熱中症の対策にも効果的です。とると血糖値をすぐに上昇させるので、空腹感がなくなり、疲れた脳も回復させます。他にはスポーツをする時にも必要です。不足すると体が疲れて動きにくくなってしまうので、こまめな補給で長時間のパフォーマンスを続けることができます。

ブドウ糖は、基本的に毎朝きちんと朝食を食べることによって供給されます。文部科学省のデータでは、朝食を食べる習慣のある学生は、学力調査の正答率が高いという結果だったのです。これは朝食でとれたブドウ糖が脳の働きをアップすることを証明しています。しかし忙しくて朝食をとれない時もあります。そんな時はタブレット型のブドウ糖があるので、利用するのはどうでしょう。携帯もできるので、いつでも必要な時にブドウ糖を摂取できます。

脳のエネルギーであるブドウ糖を補給しよう!

ブドウ糖は、単糖類の一種で体にすぐに吸収される性質を持っています。特に脳や筋肉のエネルギーとして欠かすことができません。体で消費する約半分の量のブドウ糖を絶えず脳では消費しているので、不足すると勉強する際に必要な集中力や記憶力に影響を及ぼします。スポーツや勉強の際には、エネルギー不足になら