•  ぶどう糖はこんな方に最適です
    頭・脳・神経・心身の疲 労回復に、スポーツ選手・過激なレジャーや体力が必要な現場仕事・夜勤の方、長距離ドライバーの方・勉強中の学生・受験生・コンピュータでの長時間労働・ 研修や会議の緊張疲労・ダイエット中の方・朝食をとれなかったとき、などのエネルギー補給にご使用ください。 ぶどう糖はこんな方に最適です
    ぶどう糖はこんな方に最適です02

    夜勤やコンピューターで緊張疲労の方

  •  脳とぶどう糖
    脳とぶどう糖脳とぶどう糖ーー02スポーツ選手・体力勝負の現場仕事 脳はブドウ糖を唯一のエネルギー源としています。私たちはそのブドウ糖を主に食事により摂取し脳に送っています。脳は酸素を使ってぶどう糖を二酸化炭素と水にしてエネルギーを引き出しています。脳のエネルギー源はぶどう糖だけなのです。このぶどう糖は、脳でガスと水になって消えてしまいますから、常にぶどう糖を補給していないとエネルギーが枯渇してしまいます。よって、ぶどう糖は常日頃から補給することが大切なのです。

     

  • 一日に必要なぶどう糖の量
    脳は安静時でも一日当たり120gのブドウ糖をエネルギーとして消費しています。身体が眠っている時でも、脳は休みなくエネルギーを消費し続けますから、コンスタントに1時間当たり5gのぶどう糖を消費しているのです。脳が1時間で5gのぶどう糖を使ってしまうと、ぶどう糖はなくなってしまいますから、どこかに蓄えておかなければなりません。しかし体内に蓄えられる量は、ごく少量なので常にエネルギー(ぶどう糖)を補給しなければなりません。 一日に必要なぶどう糖の量

     

  •  ぶどう糖の働き
    ぶどう糖の働き01ぶどう糖の働き02朝食を取れなかったりダイエット中の方 脳の唯一のエネルギー源はぶどう糖脳や体を正常に働かすにはブドウ糖が最も大切な役割を持っています。血中の栄養素の中から、脳関門(BBB:blood-brain barrier, )と言われる検問で厳しいチェックが行われ、ぶどう糖のみをエネルギー要素として通します。つまり正常な活動を維持し持続させる為にぶどう糖は絶対に欠かせない唯一のエネルギー栄養素なのです。

     

  • ぶどう糖って何だろう?
    甘味のある白色結晶状物質で、ぶどう、柿、いちじくなどの果実のほか、蜂蜜などに多く含まれる単糖の一種です。食事からは、炭水化物(穀物やイモ類など)が分解されてぶどう糖として体内に蓄積され、人の活動に利用されています。このようにブドウ糖は私たちに欠かせない、とても身近な成分です。

    ぶどう糖って何だろう?ぶどう糖って何だろう?02

     

注目の商品